運動不足を解消しましょう!

 

新型コロナウイルス感染症の拡大で外出自粛が呼びかけられ、身体活動量が減少し運動不足の方が増えていると言われています。

それにより筋力低下が起こると、ちょっとしたことでも転びやすくなってしまいます。

転倒で骨折すると、そのまま寝たきりになってしまいかねません。

外出自粛が続いている時でも、健康維持のための体作りを適切に行う事が大切です。

そこで今回は、筋力低下を防ぐための自宅でできる簡単なトレーニングをご紹介いたします。


バランス訓練


 【方法】

 ・右手と左足、左手と右足を交互にしっかり伸ばし、10秒キープします。

 ☆フラフラしないことがポイントです!

 

【効果】

 ・体幹・腰回りの筋力を強くします。

 ・バランス感覚を鍛え、歩行時のフラツキを改善します。

 


起立訓練

【方法】 

 1. 椅子に少し浅く座り、足を引いておきます(手は胸)。

 2. おじぎをするように体を前に倒します。

 3. 膝・足先に体重をせながらゆっくりとお尻を上げ、立ち上がります。

 

 ☆ゆっくりと立ち座りを行うことがポイントです!

 

【効果】

 ・足腰の筋力を強くします。

 ・立ち上がり動作が安定し、歩行能力が向上します。

 


腹筋運動


【方法】 

 1. 椅子に座り、両手を頭におきます。

 2. 体を捻るように、ゆっくりと息を吐きながら、5秒かけて右ひじを左膝に近づけていきます。

 3. 同じように、左ひじと右膝を行います。交互に行ってみましょう。

 

【効果】

 ・腹筋を強くします。

 ・腰痛予防や起き上がり動作がスムーズにできるようになります。

 


 

※難易度アップ! 

 

・右ひじを近づける時に、左膝をもち上げ

 ましょう。

・足をもち上げることで歩行時の足の上がりが

 良くなります。



どの運動も、痛みのない範囲で無理せずに行ってください。

まずは、ゆっくりと10回程度から始めてみましょう。