宮中学校にて、車椅子や認知症についての福祉学習を行ってきました!

10月10日、宮中学校へ車椅子体験の研修を行ってきました。

車椅子の説明や使用方法、介助方法の説明を受け段差・坂道の移動など実際に車椅子に乗って体感して頂きました。

車椅子に乗っている方への目線や声かけの大切さや重要性を伝えました。

車椅子に乗るのはもちろん、操作するのも初めての生徒さんも多く真剣に取り組まれていました。

10月21日、高齢者の特徴や認知症の方々への接し方について、講義・寸劇・グループワークを通じて学びを深めました。

終了後には、「認知症サポーター」の証である「オレンジリング」をお渡ししました。短い時間ではありましたが、生徒の皆さんに認知症の方への対応の大切さをお伝えできた事を嬉しく思います。